ブログ

韓国の食堂のおばちゃんは、 松岡修三

投稿日:2017年7月11日 更新日:

アンニョンハセヨ^^

韓国ヲタ活専門ガイドのromiromiです。

 

 

本日は、

「韓国の食堂のおばちゃんは、
松岡修三」

というお話し。

 

常日頃思っていたことなんですが

ようやく答えが出たように思います(笑)

 

 

スポンサーリンク

韓国の食堂

韓国で、ガチの韓国人しか
いかないような食堂に行くと
接客するおばちゃんが何人かいるのですが、
その接客のおばちゃんは
お客さんが入ってきて、席に座ると同時くらいに
注文伺いにやってきます(笑)

 

「いや、まだメニューも見てないから(笑)」

っていう事、多々あります(笑)

 

冬場だったら、

「まだコートも脱いでないから(笑)」

っていう状態で注文伺いに来ます(笑)

 

スポンサーリンク

チャンミンが行ったあの店でも・・・

私もラーメン屋さんでバイトしているので
わかるのですが、韓国人は短気でせっかち。
待つのが嫌いです(笑)

 

以前、東方神起のチャンミンが行ったという
カルククス屋さん(そうめんとうどんの間のような麺)に行った時は
私たちが日本人だとわかると、
有無も言わさず

「チャンミンは、この席に座ったから、
そこに座りなさい。」

 

 

「チャンミンは、これとこれとこれを食べた。
これが証拠写真だ。これを頼むだろう?!」

っと私たちに考える時間を与えない(笑)
すぐに決めさせようとします。

 

おばちゃんの手際の良さを見ると
どれだけの日本のチャンミンのファンが
日本からやって来たんだろう・・・
っと考えてしまいます(笑)

 

 

その姿は、松岡修三

間髪入れずに注文を聞いてくる
おばちゃんたちに出会うと
松岡修三さんを思い出します(笑)

 

 

 

以前、TVのドキュメント番組か何かで
松岡修三さんが、テニススクールに
通う子どもたちと一緒にレストランに行った際
メニュー決めが遅い子どもを、これでもかっていう勢いで
ダメ出し&説教していたのです。

 

 

 

 

その内容が

「メニューを開いたら3秒で注文するものを決めろ」

っというもの。

「なんで、こんなんで説教されないといけないの?!
松岡修三も理不尽だな・・・・」

と生徒さんに同情したものです。

 

 

3秒メニュー決めは、瞬時の判断力・決断力を
養う練習でもあるそうで、テニスでは必要不可欠な能力らしいです。

奥が深いのか?!それとも理不尽なのか?!(笑)
ゆっくり決めさせてやれよ・・・・
っと思ったものです(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

そして、在韓4年目の私。
松岡修三ばりに、韓国の食堂のおばちゃんに
瞬時の判断力と決断力を鍛えてもらっています(笑)

おかげで優柔不断は治ったかな?!
メニュー決めやお買い物はとっても早くなりました(笑)

 

 

 

 

次は、この記事がおススメです!

 

参考記事韓国で使っちゃいけない韓国語講座【その1】

韓国で使っちゃいけない韓国語講座【その1】

アンニョンハセヨ^^ 韓国ヲタ活専門ガイドのromiromiです。     &n ...

続きを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>




スポンサーリンク



韓国語ができなくても大丈夫^^

初めての韓国でも大丈夫^^

同行ガイドのお問い合わせは、下記からお願いします!

  • この記事を書いた人

romiromi

韓国・ソウルで、個人ガイドや通訳をやる傍ら、ソウル情報を発信したり、「地球の歩き方」特派員ブログでソウルを担当したりしております。韓国に行きたい!旅行したい!ヲタ活したい!というアナタを応援しています!

-ブログ

Copyright© romiromiKorea、略してロミコリ! , 2018 All Rights Reserved.