https://romiromikorea.com




ブログ

「AISデータSIMカード SIM2Fly」レビュー。韓国旅行や日本への一時帰国でも使える、データ用SIMを使ってみたよ。

投稿日:

アンニョンハセヨ^^
韓国ヲタ活専門ガイドのromiromiです。

 

今回ご紹介するのは、これ。

↓↓↓

 

 

これ、使える! #韓国 でも使えるデータ用のSIMカード #一時帰国 #日本 #おススメ

romiromi(@romiromikorea)님의 공유 게시물님,

 

アジア周遊用のSIMカードになります。

今回、12/12-12/14で東京出張の際に使用して、韓国でも使用できるというAISのデータSIMカードを使ってみたので、その感想レビューになります。

 

  • SIMフリーのスマホを持っている。
  • 2泊3日以上7泊8日未満の、韓国旅行の計画がある。
  • AmazonのAISのデータSIMが気になっていた!

っというあなたに読んでもらえたら嬉しいです。

 

今回は、日本でも、韓国でも使用してみたので、iPhone側の設定方法などもご紹介していきますね^^

私が使用したスマホは、韓国製のSIMフリーiPhone6になります。

 

 

 

スポンサーリンク

Amazonで買える、アジア14か国で使用可能なデータ用SIMカード

 

実は、このSIMカードは、タイのもの。プリペイド(前払い)のSIMカードになります。

延長やチャージは、複雑なようですので、使い切りで使用することをおススメします!

 

使用できる国は、韓国と日本だけではない!

このAISのSIMカードが使用可能な国は、下記になります。

【アジア】

インド 韓国 カンボジア
シンガポール 台湾 日本
ネパール フィリピン 香港
マカオ マレーシア ミャンマー
ラオス

 

韓国や日本だけでなく、台湾やシンガポール、マカオなどでも使用可能なので、コンサート遠征の時にも使えそうです^^

 

 

SIMカードを入れ替える

今回、Amazonで注文をしまして、成田空港内の郵便局留めにして受け取りました。

日本で受け取って、設定できるのがいいですね^^

SIMカードを差し込んで、設定をした日から8日間になるので、韓国に行く日に作業を行いましょう!

 

内容物は、下記の3点。

  • SIMカード
  • 日本語説明書
  • 注意書き

私はiPhoneですが、androidユーザーの方もOKなように、両方の説明書があります。

 

SIMカードを、iPhoneに差し込んでいきたいと思います。

 

事前に準備しておくものは、これ。

↓↓↓

SIMピンというもの。これがないと、iPhoneの場合は、SIMカードの入れ替えができません。

iPhoneを買った時のケースについているので、探してみてください。

ゼムクリップとかでも代用できますが、専用のものの方がいいですね。

Amazonでも、SIMアダプターセットで販売されているので、合わせて購入しておくのもアリです。

 

SIMカードは、指で取り外しが可能です。

iPhoneの場合は、一番小さいサイズで切り取りをします。

 

SIMカードを入れ替えをします。

 

SIMカードの入れ替え作業はここまでになります。

日本のSIMカードは、大事に保管しておいてくださいね。

 

iPhone側の設定

データSIMを差し込んで、電源を入れたら、設定を確認する必要があります。

iPhoneのメイン画面の【設定】をタップします。

 

 

【モバイルデータ通信】をタップします。

 

 

【通信のオプション】をタップします。

 

 

 

【データローミング】の○部分を右に移動させます。

 

上図のように、なっていたらOK。

【モバイルデータ通信】に戻ります。

 

「【通信のオプション】・・・ローミングオン」となっていることを確認してください。

 

 

 

ソフトバンクのデータ通信が利用可能になります。

基本的に、ここまで完了すると、自動で接続されるようになります。

 

SIMカードを差し込むと、自動で上記のようにSMSが届きます。

タイ語のSMSなので、無視してOK。時々タイ語や英語でSMSが届きます。

 

iPhoneの設定は、SIM差し込み前でも大丈夫なので、SIMカードの入れ替えさえ問題なくできればOKだと思われます。

私の場合は、上記以外で面倒な設定はありませんでした。

 

韓国での場合

SIMカードを差し込んだまま、韓国入りしました。

もちろん飛行中は、機内モードにしてましたよ(笑)

 

韓国に降り立って、機内モードを解除したら・・・・

 

SKTにつながりました。最初3G(低速)だったのですが・・・・

 

4G(高速)にも、問題なく繋がります。

 

日本で設定して、韓国に来たら、機内モードを解除するだけで、韓国のデータ通信に接続できるので、とっても便利でした^^

 

AISのデータSIMカードを日韓で使ってみてよかった点

今回、日本での使用がメインとはなりましたが、AISのデータSIMカードを使ってみた感想をお伝えしていきます。

まずは、よかった点から・・・・

なんといっても、安い!

なんと利用料が安いです。

8日間4GBで、1450円。(2017年12月1日購入時点)

レンタルWi-Fiは、1日500円くらいが相場です。

2泊3日以上の場合は、データSIMカードの方が安いですね。お得です。

 

荷物が増えない

レンタルWi-Fiだと、余分に1個、荷物が増える感じですが、データSIMの場合は、スマホにSIMを入れ替えるだけ。

入れ替えたSIMは、財布などに入れておけば、荷物にはなりません。

今回は、SIMカードを入れ替えしてしまえば、自動でソフトバンク(韓国の場合は、SKT)に接続されたので、難しい設定も必要ありませんでした。

 

大容量の4GB

2泊3日の1人旅であれば、500MBもあれば十分のデータ通信量。

このデータSIMは、8日間で4GB

韓国旅行や日本への一時帰国を8日以内で行う場合は、両国で使うことができます。

日本の場合は、ソフトバンク。韓国の場合は、SKTという主要な通信会社のネットワークにつながるので、問題なく繋がりました。

余っても、日本で使ってもOKです。

 

容量を使い切っても期間内は低速でつながる

私、日本で4GBを使い切ってしまったのですが(汗)

容量を使い切ったとしても、低速になってしまいますが、ネットには繋がり続けます!

これって結構有難い。プリペイドSIMの場合、容量を使い切ったら以降使えなくなることもあるのですが、AISのデータSIMは、接続スピードは、遅くなりますが、期間内は継続して使用することができます。

画像などの送受信は、時間がかかってしまいますが、LINEなどのテキストメッセージくらいであれば、問題ありません。

Googleマップなども、ちょっと時間がかかりますが、問題なく開けたので有難かったです。

 

AISのデータSIMカードを使ってみて、不便だった点

残量の確認ができない。

私、日本で4GB使い切ってしまったのですが、残量の確認をする方法がわかりませんでした。

SMSで、残り50MBだっというお知らせが届いたのですが、

romiromi
もっと早くお知らせしてくれよ・・・・

っというのが、私の感想。

 

SMSが頻繁に届く

タイ語と英語のSMSが頻繁に届きます。

私の場合は、4GBを使い切ったあたりから、チャージの催促などが届くようになりました。

 

ビジネスには不向き?!

私が4GB使い切った要因は、デザリングしてパソコンで使ったこと。

出張だったので、パソコンを長時間使うことが多くて、デザリングでWi-Fiを常に飛ばしていました。

後半使い切ってしまって、低速接続となって、パソコン使用中は、結構イライラしてしまいました。

迷惑をかけてしまったりもしたので、ビジネスには不向きなのかも・・・・

 

日本製のスマホで使用する場合の注意点

日本のスマホの場合、主要通信会社に接続しやすいように設定がしてありますので、海外の通信会社によっては受信しずらい場合があります。

もともとSIMフリーの端末の場合は、特に問題はありませんが、ドコモやau、ソフトバンクのスマホをSIMフリーにした場合は、繋がりにくい可能性があります。

ドコモの場合は、契約後100日以内はSIMフリー処理ができないそうです。

 

まとめ

Amazonで販売されている、データ用SIMカードの使い方と感想をまとめてみました。

今回使用したのは、8日間で4GBのタイプです。

観光で、スマホやタブレット端末のみで使う場合は、不便もなく主要な通信会社に接続されるので、ストレスはありませんでした。

ビジネスには不向きかな・・・・っというのが、私の感想です。

荷物も少なく、サクサクとネットも繋がり、SIMフリーの端末をお持ちの場合は、ぜひおススメしたいSIMカードでした。

 

 

 

 

ちなみに・・・・私は、郵便局留めで注文をしたのですが、思ったよりも早く出品者さんが発送してくださって、郵便局保管期限を超えるんじゃないか?!っという心配がありました。

郵便局留めの保管期限は、到着してから最大で10日です。

一時帰国の場合は、気を付けましょうね。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>




スポンサーリンク



  • この記事を書いた人

romiromi

韓国・ソウルで、個人ガイドや通訳をやる傍ら、ソウル情報を発信したり、「地球の歩き方」特派員ブログでソウルを担当したりしております。韓国に行きたい!旅行したい!ヲタ活したい!というアナタを応援しています!

-ブログ

Copyright© romiromiKorea、略してロミコリ! , 2018 All Rights Reserved.