https://romiromikorea.com




韓国旅行

【東大門】東大門総合市場に生地の仕入れに行ってきた!日本語OKのお店もご紹介します!

投稿日:2017年9月12日 更新日:

アンニョンハセヨ^^

韓国ヲタ活専門ガイドのromiromiです。

 

 

久しぶりに東大門へ行ってきました!

目的地は・・・・

東大門総合市場。

 

 

今回は・・・・

・東大門総合市場に行きたい!

・東大門総合市場で、生地を買いたい!

・東大門総合市場で、アクセサリーパーツを買いたい!

・日本語が通じる生地屋さんが知りたい!

っという、アナタに読んでもらえたらうれしいです。

 

 

 

スポンサーリンク

東大門総合市場とは?!

東大門総合市場は、

手芸材料・反物・アクセサリー小物の卸問屋が集まる総合ビル

です。

他にも、婚礼用品や寝具、インテリアもあり、チマチョゴリのセミオーダーなどもできます。

 

なので、

手芸をやる方、アクセサリーを手作りされる方などには、天国のような場所(^^♪

 

小売りと卸の両方を兼ね備えた場所になり、生地(布)に関しては、1ヤード(約0.9m)から購入することができ、アクセサリー部品なども場所にもよりますが、1個2個から購入することができます。

趣味で、手芸や服飾、アクセサリー作りをされていたり、個人でネットショップをされている方にもおススメです^^

 

1日では、回れない広さなので、目的を決めて行きましょう!

スポンサーリンク

何時からオープンしてる?!

東大門市場は、「夜」

っというイメージがあります。

アパレス系の卸問屋は、夜の8時~朝5時まで営業です。

 

この【東大門総合市場】は、

朝8時から18時くらいまで営業しています。

 

日曜日や、1月1日、旧正月・旧盆(チュソク)はお休みです。

その他、夏季休暇や店舗により、臨時休暇もあります。

何もない時期は、日曜日はお休みと覚えておいてください。

平日であれば、問題はありません。

旅行ついでに仕入れの場合は、曜日の確認は必須です!

 

 

東大門総合市場での注意点

 

東大門総合市場では、注意点がいくつかあります。

①現金支払い

東大門総合市場に限らず、東大門の卸市場は、基本的に現金払いです。

円⇒ウォンへの両替をお忘れなく。

 

東大門でも両替は可能です。

両替所は、たくさんあります。

レートがいいところはその日によって、違いますので2~3件回ってみましょう。

 

スポンサーリンク

②サンプルは持ち帰り可能。

卸市場ですので、基本的に見本のみが展示してあります。

サイズは、お店によって違います。

10㎝×10㎝の場合もあれば、

10㎝×20㎝の場合もあります。

もっと小さいサイズも・・・

 

大きなサンプルは、店頭でのみ確認可能。

写真は、OKなところと不可のところがありますので、ご注意ください。

 

サンプルは、気に入ったら持ち帰り可能です。

気に入った生地があればその場で注文も可能ですが、いったんサンプルだけもらって、後でまとめて注文に行く!っという手もあります。

 

サンプルのタグには、

「お店の名前」

「〇棟〇階〇号」という住所が書いてあります。

電話番号も記載があります。

 

③似たようなお店が多いので迷子になる。

 

私も経験したのですが、似たようなお店たくさんあるため、

絶対に迷子になります(笑)

このビルで働いている人でさえも、迷うといいます(笑)

 

 

目印は、看板の番号です!

お店の看板は、基本的に韓国語で書いてあります。

韓国語の読み書きができない場合は、店名の上の番号を目標にして探してください。

もし、名刺をもらわなかった場合でも、スマホで写真を撮っておけば、大丈夫ですが

あまりに多く写真を撮りすぎると、何のお店だったかわからなくなるので、注意しましょう!

 

スポンサーリンク

④基本、当日商品を受け取れない。

リボンやアクセサリー小物等、お店に在庫があるものに関しては、お金を支払って、その日に受け取ることができます。

しかし、

生地ものは、翌日3時以降の受取が基本です。

 

生地ものが欲しい場合は、早い日程で、卸問屋に行きましょう!

翌日受取が難しい場合は、配送費を支払うとホテルまで配送してくれます。

(5000ウォン程度の負担が必要です。)

店舗によって対応が違いますので、問い合わせしましょう!

 

⑤基本、店員の愛想が悪い

東大門の卸市場全体に言えることですが、基本的に店員は不愛想です。

外国人だからって優しくはしてくれませんし、日本語しか話せないとわかると、冷たくされることもあります。(ボッタられるよりは、ましですが:汗)

店舗毎に対応が違います。

めちゃくちゃ大量に1つのお店で仕入れる場合は、店員の態度もよくなるかもしれませんが(汗)

日本と同じ基準での接客は受けられないので、メンタル強くしていきましょう!

 

⑥価格の見方

生地の価格の見方です。

 

だいたい、こういうタグに金額が書かれています。

1ヤード当たりの金額です。

書いていない場合は、店員さんに確認する必要があります。

 

 

 

アクセサリー小物は、5階へ

アクセサリー小物の問屋さんは、低層階にもあるのですが、基本業者向けのため

1個2個では、売ってはくれません(汗)

1個2個の小売りを希望の場合は、5階へ行きましょう!

テンションが上がりすぎて、写真を撮ってないのですが(汗)

5階は、結構若い女性層が高いです。

小物等、1個2個から購入可能ですので、アクセサリー小物が欲しい場合は、5階へ向かいましょう!

 

スポンサーリンク

日本語バリバリOKの生地問屋

場所は、東大門総合市場B棟2階の2429号。

ヒジョンさんという女性がいらっしゃいます。

ヒジョンさんは、日本に14年ほど住んでいらっしゃったそうで、日本語の発音がとてもきれいです。

きもの系の専門学校を卒業して、呉服店に勤務されていた経験がありますので、日本の生地関係の専門用語も全然OKなスペシャリストです。

伝票は日本語でも書いてくれます。

 

 

生地のサンプルがずらーっと並びます。

日本語で丁寧に説明してくれます。

 

 

大きなサイズは、壁にかけてあります。

 

 

お店の生地で作った洋服のサンプル品が展示してあります。

ほかにも、このお店の生地で作った洋服の写真なども見せてくれるので、イメージがしやすいです。

 

 

もしお好みの柄や生地がなくても、オーダーメイドも可能です。

オーダーの場合は、50ヤード単位でお願いした方がいいようですが、これはケースバイケースになります。

生地や柄によって価格は違ってくるので、ここは要相談です。

でも、日本語ペラペラですので、日本語で交渉可能です。

LINEでのやり取りもOKのようです。

ただし、写真でのやり取りはしていないらしく、写真と実物は全然違うので、一度見て確認をしてもらっているというポリシーもあるお店です。

 

 

 

 

東大門総合市場への行き方

コネスト地図でご覧になる場合は、

下記をクリックしてください。

⇒ 東大門総合市場

地下鉄1・4号線 東大門駅9番出口から直結です。

市場というよりは、総合センター的な場所です。

日本語は、ほぼ通じないと思ってOK。

愛想がない人が多いので、初めてで韓国語が話せないと心が折れる場合も。

でも、それは運なので、当たって砕けろ精神で。

スポンサーリンク

まとめ

東大門総合市場へ生地とアクセサリーを仕入れに行ってきました!

久しぶりの東大門、ガイドの私もテンションが上がりました。

今回行った問屋すべて、店員の態度も悪くはなく、気持ちよく仕入れができました。

 

東大門総合市場で、気を付ける点は・・・

①現金支払い

②サンプルは持ち帰り可能

③迷子に注意

④当日商品を受け取れない(生地は特に)

⑤店員の愛想が悪い。

⑥価格表示が独特

 

日本語OKの生地屋さんもありますので、

手芸やアクセサリー作りが趣味、制作をされている人は

絶対に行ってほしい東大門総合市場でした。

 

読者さん
東大門でショッピングしてみたいな。でも韓国語わからないな・・・ぼったくられたりしないかな・・・

っとご不安なあなた、romiromiが同行いたします^^

お問い合わせは無料です。

下記からお問い合わせくださいね。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>




スポンサーリンク



韓国語ができなくても大丈夫^^

初めての韓国でも大丈夫^^

同行ガイドのお問い合わせは、下記からお願いします!

  • この記事を書いた人

romiromi

韓国・ソウルで、個人ガイドや通訳をやる傍ら、ソウル情報を発信したり、「地球の歩き方」特派員ブログでソウルを担当したりしております。韓国に行きたい!旅行したい!ヲタ活したい!というアナタを応援しています!

-韓国旅行
-,

Copyright© romiromiKorea、略してロミコリ! , 2018 All Rights Reserved.