現在、ブログデザインを変更中です。もっと見やすいブログにするためですので、しばらくご迷惑をおかけします。ご了承ください。

テファヨス食堂@鍾路3街 「深夜食堂」を見た影響で、昭和の雰囲気漂う、焼き魚のお店に行ってきた。

アンニョンハセヨ^^

韓国ヲタ活専門ガイドのromiromiです。

 

 

練炭で焼く、焼き魚を食べに行ってきました^^

韓国で焼き魚というと、

日本のようにグリルとかなく、

電気コンロの家庭が多いのです。

魚もフライパンで焼くことが多いので、

日本式の焼き魚が食べたくなる日があります。

 

 

そこで、鍾路3街で、

・観光客がいないお店に行きたい!

・昔ながらの焼き魚が食べたい!

 

そんなあなたにお勧めです^^

 

 

きっかけは深夜食堂。

 

焼き魚を食べにいくきっかけになったのは、

韓国でひそかに人気がある、

「深夜食堂」

の映画版を見たからなのです。

 

さんまを練炭で焼くシーンがあって

(イメージ画像)

 

練炭で焼く、焼き魚を

食べにいくことにしました。

 

 

 

スポンサーリンク

テファヨス食堂

 

ゲストハウスに住み込みで働いていた頃の

上司で、リアルな韓国を教えてくれる

先生でもあるチャジャンニム(次長様)が

教えてくれたお店です。

昭和の雰囲気です。

 

 

店内にはいると、テーブルが4つほどの

小さなお店です。

目の前にメニューがあります。

 

 

 

삼치(サワラ)と고등어(鯖)を注文。

それぞれ、6,000ウォンずつ。約600円(安)

メインの焼き魚を注文すると、

お味噌汁とご飯とおかずが付いてきます。

定食みたいな感じ。600円で定食です。

 

 

外の練炭で焼いてくれます。

下焼きしたものが準備されています。

基本二度焼きです。

焼き上がりを待ちます。

 

 

待っている間に、おかずたちが運ばれます。

韓国のお店は、基本このくらいおかずがでます。

お代わり自由。

地方に行くと、もっと出てきます。

日本では、考えられない。

 

 

地元の人しかいない、穴場中の穴場なので、

鍾路なのに、中国人いない(笑)

そして、老人しかいない(笑)

 

すでに出来上がってて、

話しをしているおじさんの声が大きい(笑)

そういう雰囲気も楽しめます(笑)

どこか懐かしい雰囲気です。

 

 

しばらくして運ばれる焼き魚。

 

奥の魚が、サバ。

手前が、サワラ。

 

サワラは西京漬けのイメージしかないので

焼き魚で食べるのは、初めてではないかな?!

 

韓国の焼き魚は、塩を振っては焼かないようで

そのまま食べると味気ない感じ。

ワサビ醤油につけて食べます。

サワラは、淡泊な味でした。

 

ご飯の上にのせて、海苔で巻いて食べたり。

おかずたちと合わせて食べたり、

お家ご飯のような感じでした。

 

 

そして、完食(笑)

 

 

ヘルシーな夕食でした。

 

 

行き方

コネスト地図で開く場合は、下記をクリック!

⇒ テファヨス食堂

 

営業時間:12時~20時(材料がなくなり次第終了)

休日:土日、祝日、旧正月旧盆

日本語:まったくダメ

おひとり様OKですが、私でもハードル高いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、一人で行くには、ハードル高すぎる

地元の焼き魚屋さんに行ってきました。

2回目、行ける気がしない(笑)

 

でも、味は美味しいし、下町感を味わえるので

いつもと違う韓国・ソウルを味わいたい方に

おススメです^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です