https://romiromikorea.com




ブログ

原動力は、ヲタ活でした。私の韓国語勉強法。

投稿日:2017年7月10日 更新日:

アンニョンハセヨ^^

韓国ヲタ活専門ガイドのromiromiです。

 

 

私、LINE@を始めたのですが、

「韓国語を始めようと思います」
「romiromiさんの韓国語の勉強法はなんですか?」

っというメッセージをいただきました。
韓国語の勉強方法は、人それぞれですよね。
いろんなブログでも紹介されていますし。

 

そこで、今回はあまり参考にならないかも
しれませんが、私の韓国語勉強法について
書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

韓国で1から。

romiromiの韓国語の勉強方法について、
よく聞かれるのですが、
私の場合は、韓国に来てから1から勉強しました(笑)
なので、romiromi式で韓国語を習得する場合は、

 

 

【韓国留学】

 

 

をおススメすることになります(汗)
あまり参考にならないかもしれません(汗)

 

私が日本にいた時は、
ユーキャンの韓国語CDとかスカイプ韓国語講座
とかも受講していましたが、2013年に韓国留学
でソウルに来た時に、韓国語で話せるフレーズは
10フレーズくらいでした。

 

 

「アンニョンハセヨ」(こんにちは)
「カムサハムニダ」(ありがとうございます)
「ジャルモッケスムニダ」(いただきます)
「ジャルモッコスムニダ」(ご馳走様でした)
「ぺゴパ」(お腹空いた)
「オルマエヨ」(いくらですか?)
「カッカジュセヨ」(まけてください)
「サリョジュセヨ」(助けてください)
「チェソンハムニダ」(申し訳ありません)
「チョギョー」(すいませーん:店員さんを呼ぶとき)

この10フレーズくらいでした(笑)

 

 

私が、在宅での通信教育は向いていなくって(汗)
韓国語教室も近くにはなかったので、
ストレスで会社を辞めたのを機に
思い切って韓国留学に踏み切りました。

 

ハングルの読み書きから韓国語学校で勉強し、
最初は楽勝!っと思った学校生活でしたが、
上のクラスに進級するごとに、大変になり

 

睡眠時間を削って死ぬほど勉強しました(汗)

 

24時間カフェで勉強することが多くなり、
飲めなかったコーヒーも飲めるようになりました(汗)
それでも、まだブラックコーヒーは飲めません(笑)

 

韓国語会話では、
発音が悪いと言われながらも、
めげずに韓国人と会話をしました。
アルバイトも始めて、
学校では教えてくれない韓国語や
親日家以外の韓国人との接触も勉強しました。

 

【学校では教えてくれない韓国文化】
【リアルな韓国・ソウル】

 

もアルバイト生活で学びました。

三十路を過ぎてから始めた勉強だったので、
学校生活やアルバイト生活は、
それはそれは、大変でした(遠い目)
睡眠時間を削って死ぬほど勉強した結果、
現在は韓国でガイドができるほどになりました。

 

人間、やればできるんだなって実感しております(笑))
大変な毎日でしたが、ストレスにまみれてたOL生活よりは
とても刺激的でその苦労に値する以上のものを
手に入れることができたと思っています。

スポンサーリンク

挫折せずにやり遂げる秘訣ってなんですか?

 

この質問もよくいただきますので
回答させていただきたいと思います。
私が考える挫折しない秘訣は、

1 誰かと一緒に勉強すること(お友達とか家族とか仲間とか)
2 韓国語しか使わない環境を作ること。

 

私の場合は、上記の2点でした。
当時は、日本人との会話も韓国語でやってました(笑)
テスト前や発表前は、
深夜までクラスメイトと勉強してました(汗)
レッドブルとエスプレッソも友達でした(笑)

 

なので、独学で勉強しました!っという方に会うと
とても強い人なんだなっと思ってしまいます。

 

私は誘惑に弱く、さみしがり屋で、
すぐサボろうと考えてしまいます(笑)
当時のクラスメイトには、本当に助けらました。

 

 

「オンニ!なんでこんなこともできないの?!」

 

っと20歳そこそこの女の子に
お説教されたこともあります(汗)

 

一番の原動力は・・・・

そんな私の一番の原動力は
東方神起でした(笑)

【東方神起と韓国語でしゃべりたい!】

 

ということでした。

単純でしょ?!(笑)

あまり深い意味はなく、ただそれだけで
頑張っていたようにも思います(笑)
実際にその夢が叶った時の話はまた別で(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

全然参考にならないかもしれませんが(汗)
私の勉強法でした。

 

ものすごく単純な動機なのですが
原動力になりました(笑)

 

周りも元をたどれば、同じような子が多く
自分の趣味趣向を隠さずオープンに
できた環境はとても大事だったようにも思います。

 

なんでもいいので、原動力を見つけることで
1つのことを成し遂げられるんだと思います。

 

 

 

 

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>




スポンサーリンク



韓国語ができなくても大丈夫^^

初めての韓国でも大丈夫^^

同行ガイドのお問い合わせは、下記からお願いします!

  • この記事を書いた人

romiromi

韓国・ソウルで、個人ガイドや通訳をやる傍ら、ソウル情報を発信したり、「地球の歩き方」特派員ブログでソウルを担当したりしております。韓国に行きたい!旅行したい!ヲタ活したい!というアナタを応援しています!

-ブログ
-

Copyright© romiromiKorea、略してロミコリ! , 2018 All Rights Reserved.