現在、ブログデザインを変更中です。もっと見やすいブログにするためですので、しばらくご迷惑をおかけします。ご了承ください。

【酸っぱ旨辛系・韓国グルメ】ディープで昭和感漂う「看板のないキムチチゲ屋」さんに行ってきました!

アンニョンハセヨ^^

韓国ヲタ活専門ガイドのromiromiです!

 

 

今日は、韓国旅行中級者・上級者の方におススメする、キムチチゲのお店を紹介したいと思います!

その名も、「看板のないキムチチゲ屋」さんです。

しかもメニューは、「キムチチゲ」のみというこだわりのお店でした(#^.^#)

 

今回の記事は、

  • 韓国旅行中級・上級者さん
  • 酸辣湯(サンラータン)系の酸っぱ美味しいスープ料理が好き!
  • 地元の人が行くようなディープなお店に行きたい!

っというアナタに読んでもらえると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

キムチチゲとキムチ鍋

 

日本人である私たちが考える「キムチチゲ」は、野菜やお肉、魚介がたくさん入って、出汁が効いててピリ辛で・・・

っという上図のようなイメージです。

これって、「キムチチゲ」ではなくて「キムチ鍋」なんですよね。

 

実際に私たちが食べた「キムチチゲ」の写真はこちら。

見た目は地味ですね(;^ω^)

キムチとおでん(日本でいう薄いさつま揚げ)と豚肉少々。

っというか、豚肉は見えません(;^ω^)

本場で食べるキムチチゲは、こんな感じです。

シンプルイズベスト。

 

韓国の家庭で食べる「キムチチゲ」は、日本で食べるお味噌汁的な感覚で、毎日食べるそうです。

家庭毎、お店毎でキムチチゲの味が違ってくるので、食べ比べも楽しいかもしれません^^

キムチが美味しいお店はハズレがないと、個人的には思っております。

キムチがないと、ごはんが食べられないっという、面倒くさい韓国人男性がいるのも頷けます( 一一)

 

それでは、お店の紹介をしたいと思います^^

 

スポンサーリンク

간판없는 김치찌개집(看板のないキムチチゲ店)

コネストなどで見ると、「看板のないキムチチゲ屋」と紹介させてれているお店です^^

김치찌개집(キムチチゲ屋)と表記が有ったり、칼국수집(カルククス屋)と表記があったりします。

看板がないので、自由にお店の名前を呼んでいる感じです(笑)

このいい意味でも悪い意味でも、ゆるい感じが韓国ですね(笑)

 

看板もないし、道もちょっとわかりづらい場所にあります。(※詳しい行き方は、のちほど紹介します)

エリア的には、仁寺洞エリアにあります。

 

 

不愛想なおじさんがお出迎え

平日は、朝の8時からオープンしているということで、朝から行きました!

韓国人ぽく、朝からキムチチゲです。

お店のドアらしき所までやってきたのですが、営業しているかどうかもわからない感じです(笑)

 

店内に入ると、私たちが一番客だったようで、お客さんは誰もおらず、おじさん(おじいさん!?)が一人で準備してらっしゃいました^^

安定の不愛想な接客で、

おじさん

勝手に座って。

って感じで、席に案内されました(;^ω^)

 

注意
韓国では、不愛想な接客が普通です。

感じ悪いな・・・・と思ってはいけません。

これが通常運転です(笑)

 

スポンサーリンク

メニューは?!

メニューは、1つのみ!

キムチチゲ 1人前6000₩(約600円)

2人前から注文可能です。

 

日本語訳は、下記になります。

 

キムチチゲ2人前を注文しました。

おじさん

カルククス???ラーメン???

っと聞かれましたが、朝ごはんなので、ごはんにしました!

 

おじさんが、手際よく準備してくれます。

お会計の時に知りましたが、ごはんはサービスでした^^

 

私もエプロンをして、髪を束ねて、食べる準備に入ります(笑)

昭和感漂う店内です。

後ろ姿だけ登場の、店主(おじさん)です(笑)

 

 

キムチチゲが煮えるまで、キムチを食べてみました!

キムチチゲのみのお店なので、キムチが絶品でした!

このキムチで白ごはん食べられます(笑)

写真だけ見てもわかります・・・・

絶対美味いヤツだと・・・(笑)

最初は、浅漬けっぽい感じのキムチかな?!って思ったのですが、後から辛味がドッときます(;^ω^)

結構辛いので、辛い物が苦手な人はちょっと無理かもしれません。

 

注意
キムチチゲが結構な勢いでぐつぐつしますので、エプロンは忘れずに。

※動画をご参照ください。

 

 

 

5分ほど、ぐつぐつしたら完成です!

キムチとおでんに隠れているのですが、底に豚肉が隠れています。

豚肉が煮えたら、食べごろです!

 

スポンサーリンク

最初と最後では、キムチチゲの味が変わってくる!

てきたてのキムチチゲは、熱いし酸味が強く感じます。

付け合わせのキムチも辛いので、箸休め的なものがないので、ずっと口の中が辛いです(笑)

白ごはんが進みます(笑)

 

中盤になると、コンロの火は消してくださいね。

おじさんは、お客さんにあまり絡んできませんので、この辺は自己管理が必要です。

 

終盤、キムチチゲの味がまろやかになってきます。

スープが食べやすい温度になって、辛さはありますが、酸味の角が取れて食べやすくなります。

スープにキムチと豚肉、おでんのエキスが出ているので、永遠に飲めるようになります(笑)

この終盤のキムチチゲが、私たちの好みでした^^

 

2人で2人前は多すぎだな・・・っという感じ。

女性だったら、2人前を3人で食べてちょうどいいと思います。

 

私たちはごはんで食べましたが、麺で食べたらまた違ってくると思います。

酸辣湯(サンラータン)やトムヤムクンなどの、酸っぱ旨辛系のスープが好みな方は、絶対好きな味です。

韓国旅行の初心者さんには、ちょっとハードルが高すぎるお店ですが、中級・上級者さんにはおススメのお店です^^

 

これからの時期は、店先で屋台感覚でキムチチゲをいただけます!

次は、テラス?!でキムチチゲを!

 

간판없는 김치찌개집(看板のないキムチチゲ店)への行き方

住所:ソウル特別市 鍾路区 慶雲洞 66-2
(서울특별시 종로구 경운동 66-2)

 ソウル特別市 鍾路区 仁寺洞10キル 23-14
(서울특별시 종로구 인사동10길 23-14)
 
電話番号:(+82)02-739-1443
 
営業時間:月~金曜8:00~20:30(ブレイクタイム15:00~17:00)、土・日曜17:00~20:30
 
休業日:旧正月・秋夕(チュソク)の連休
 
日本語:全くダメです。英語も通じません。片言でもいいので、韓国語を覚えていきましょう!
 
注文も2人前からで、量がかなり多いので、おひとり様もNGになります。
 
 

コネスト地図で見る場合

 

コネスト地図でご覧になる場合は、下記からご覧になってください。

↓↓↓

看板のないキムチチゲ屋

 

Googleマップで見る場合

Googleマップでご覧になる場合は、下記からご覧になってください。

↓↓↓

看板のないキムチチゲ屋

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、かなりディープなキムチチゲ屋さんを紹介しました。

看板のないキムチチゲ屋さんなので、探すのも一苦労ですし、日本語も英語も無理なご主人なので、韓国旅行初心者さんはNGだと思われます。

韓国旅行中級・上級者の方におススメのディープなキムチチゲ屋さんです。

結構辛めで、酸っぱ辛い系になりますので、酸辣湯(サンラータン)やトムヤムクンなどが好きな方におススメです。

たまには、いつもと違ったディープな韓国を体験してみてくださいね^^

 

 

ほかにも、romiromiが実際に行ったソウルのお店を紹介しています!

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

韓国グルメ記事一覧はこちら!

 

一人ごはんNGなお店でのお食事同行、日本語NGの地元の人が良くお店へのお食事同行も承っております。

下記よりお問い合わせくださいね^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

romiromiへ問い合わせする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です